高速道路ご利用の法人様へ、ETCカードご案内ページ。通常割引最大30%から更に、ETC法人カードならポイント還元マイレージ!ETCコーポレートカードなら組合割引最大40%OFF!組合の共同利用事業へ参加して管理の合理化を図りましょう。

ETC専用の明細で経理処理が楽に


記帳作業の効率化が可能

■ETCの利用料金だけがわかる明細で、経理記帳が効率的にすすむ。

アイビーネットの法人ETCカードは、会社やお店の会計処理を楽にします。毎月送られてくる利用明細は、ETCカードのものだけなので記帳作業の効率化が可能です。

高速料金のETCカードと現金による違い

高速料金の利用を現金で行うのか、それともETCカードを使うのか?

高速料金の利用を現金で行うのか、
それともETCカードを使うのか?

ETCカードの利用と現金による支払いのは違いは、「ポイントの有無があるか否かくらい」とお感じの経営者も多いのでは?しかし事業主や経営者・オーナー店主にとってはそれ以外のメリットもあります。

  • 法人ETCカード

    法人ETCカードの利用メリット

    このページでは法人ETCカードを取り入れることに、どのような利点があるのか、特に経理処理焦点をあててご紹介したいと思います。もしあなたが、「ETCカードの導入を迷われている」「日頃は現金で高速料金をお支払いされておられる」のであれば、是非このコンテンツをご覧になってください。アイビーネットがお送りする、法人ETCカードの隠れた魅力をご説明したいと思います。

ETCカードは会社や店舗の経理処理を効率化する

経理処理の効率化

アイビーネットの法人ETCカードの隠れた魅力、それは経理処理の効率化です。現金で高速料金をお支払いされる場合、利用時のレシートをそのつど保管し、手入力で経理計上する必要があります。しかし、当組合が発行する法人ETCカードをご利用いただければ、高速料金のみの明細データを一覧で入手することができます。利用した各車両の車種区分・番号も一覧で確認できるので、複数の車両を運行してたとしても、会計処理の手間を大幅に短縮することができます。

高速料金を現金で支払う場合…

高速を利用するごとにレシートを保管~経理部門に受け渡さなければならない。

高速を利用するごとにレシートを保管~経理部門に受け渡さなければならない。そのため、レシートの紛失や破損リスクが高い。また複数の車両を運行している場合、各レシートがどの車両のものかが分からなく可能性も。結果、仕分けに時間や労力がかかり、帳簿の入力ミスを起こす可能性がある。

アイビーネットの法人ETCカードなら

レシートの受け渡しは不要。利用明細もETC利用のものに限定されるため、他の経費との混同がない。各車両の利用データが「時間」「区間」「割引」「ポイント」と、一覧で把握できるので、車両運行の管理も行いやすい。

アイビーネットの法人ETCカードなら

利用データの見本

クリックで拡大します。

  • ETC法人カード請求書見本
  • 利用明細書見本
  • ポイント明細書見本

事業主・店主なら法人ETCカードを使うべき

法人ETCカードは、事業主の強い味方

法人ETCカードは、「法人」という名前が付くものの、ショップのオーナーなど個人事業主でも所有することができます。とかく個人店のオーナーは、一人で何役もこなさなければならいもの。事業主であれば法人ETCカードを使って、経理処理にとられる時間をうまく短縮したいものですね。他のページでもご紹介いましたが、当組合が発行する法人ETCカードは、クレジット機能をあえて省いたものになっています。クレジット機能がないということは、社員やスタッフがムダな買い物をするかも?といった心配も無用になるということ。経理処理の合理化と嬉しい割引、それに使えば使うほどたまるポイントなど。法人ETCカードは、事業主の強い味方であるといえるでしょう。