高速道路ご利用の法人様へ、ETCカードご案内ページ。通常割引最大30%から更に、ETC法人カードならポイント還元マイレージ!ETCコーポレートカードなら組合割引最大40%OFF!組合の共同利用事業へ参加して管理の合理化を図りましょう。

クレジット機能なしの法人向けETCカード

法人向けのクレジット機能なしのETCカードを作成しよう


ETCカードの法人用のものはクレジット機能がついたものとついていないものの2種類に大きく分けられます。

  • クレジット機能なし⇒高速道路会社が発行しているETC法人カード
  • クレジット機能あり⇒クレジット会社が発行しているETC法人カード

このような違いがあり、自社の利用状況に応じて使い分けなければなりません。
そこで、以下ではそれぞれのメリットとデメリットの両方をご説明しているので、選び方で迷っている方は一度チェックしておきましょう。

<クレジット機能なしのETCカードのメリット>
  • ・クレジット機能がついていないので審査がほとんどないので新規事業を起業した法人でも簡単に作成できる
  • ・高速道路のETCの通行料金を支払うためだけのカードなので不正な利用を防げる
  • ・平日朝夕割引などETCを使うだけで高速道路の料金が安くなる
  • ・ETCマイレージサービスへの登録によって月額利用料金に応じてポイントが付与される
<クレジット機能なしのETCカードのデメリット>
  • ・ETCの機能以外はないのでショッピングやキャッシングはできない
  • ・デポジットや保証金に該当する一定の出資金を最初に支払わなければならない
  • ・カード会社によっては年会費や発行手数料などの維持費が発生する
  • ・高速道路会社が発行している種類が少ないので多数のブランドの中から比較できない
<クレジット機能ありのETCカードのメリット>
  • ・初年度に限り年会費が無料といったキャンペーンが実施されている
  • ・ETCだけではなくクレジットカードとしての利用でもポイントが付与される
  • ・デポジット(出資金)を支払わなくても良い
  • ・カード会社によって発行の枚数が無制限と設定されている
  • ・後払いで引き落としされる仕組みなのでキャッシュフローが改善する
<クレジット機能あるのETCカードのデメリット>
  • ・審査が厳しいので起業直後の法人や個人事業主は作れないことがある
  • ・カード会社によっては1万円以上の年会費が発生する
  • ・従業員によるクレジット不正使用のあるのでETCだけを利用したい法人には向かない

このような違いが生じており、自社の利用状況に応じてどちらが適しているのか異なります。
単純に高速道路のETCを利用するためにETC法人カードを作成するのならば、クレジット機能なしの方が良いかもしれません。
クレジット機能がついたETC法人カードよりも審査がないので圧倒的に作りやすく、インターネット上で申し込んでから送られてきた申込書を返送し、出資金を支払うだけで良いのです。
返送する際には商業登記簿謄本や車検証、ETC車載器セットアップ証明書が必要でコピーでも問題はありません。
カード会社の公式HPで詳しい申し込み方法について記載されているので一度チェックしておいてください。