高速道路ご利用の法人様へ、ETCカードご案内ページ。通常割引最大30%から更に、ETC法人カードならポイント還元マイレージ!ETCコーポレートカードなら組合割引最大40%OFF!組合の共同利用事業へ参加して管理の合理化を図りましょう。

ETCカードの使い方とマイレージポイント(法人向け)

ETCカードの使い方を把握しておこう


このページではETCカードの申し込みをした後の正しい使い方についてご説明しています。
法人や個人事業主などビジネス専用のものに限らず、通常のETCにも該当するので一度確認しておきましょう。

  • ①クレジットカード会社や高速道路の会社で申し込む
  • ②郵送されたら車の情報を料金所のアンテナと無線交信するためのETC車載器を購入する
  • ③ETC車載器はカー用品店やバイク用品店、カーディーラーといった場所で購入可能
  • ④ご使用になる車両の情報をETC車載器へと登録するセットアップ作業が必要
  • ⑤セットアップに関してはオンラインセットアップ店とオフラインセットアップ店の2種類の申し込み方法がある
  • ⑥ETC法人カードを挿入して正常に作動することを確認してから利用する

上記のように、ETCカードだけではなくETC車載器の2つがあって初めて高速道路で利用できる形となります。
そして、ETC車載器へと登録するセットアップの作業が必要となり、カー用品店で本体を購入すれば取り付けまで行ってくれるはずです。
取り付けにかかる費用は専門店によって異なるものの、本体価格に加えて3,000円程度なので大きな金銭的な負担はありません。
セットアップ作業は素人が行えるわけではなく、高度な技術が必要となるので登録制の専門店へと訪れて作業を依頼してみてください。


ETC法人カードを挿入した後の使い方

ETC法人カードを挿入した後の使い方を把握しておこうの画像

以下では、ETC車載器のセットアップを行い、ETCカードを挿入した状態での正しい使い方をご紹介しているので一度チェックしておきましょう。


  • ①挿入するETC法人カードの有効期限が切れていないかどうか確認する
  • ②高速道路でETCレーンへと進入する前に信号が青になっているかどうかチェックする
  • ③そのまま時速20km以下の安全走行でETC対応レーンを通行する
  • ④開閉バーが上がるまでは徐行して開いてから通行する

特に難しい使い方というわけではありませんし、一度ETCカードを使って高速道路を通行してみれば感覚は掴めるはずです。

「進入するETCレーンを間違えない(一般レーンには入らない)」「安全走行を心掛ける」という2点に注意していれば問題はありません。

ETCレーンが開かなかった場合はどうするの?

ETCカードを使って高速道路を通行するに当たり、何かしらのトラブルでETCレーンが開かない場合があります。
この時に焦ってバックすると後続車との衝突の大きな原因となるため、ハザードランプを点灯させて設置されているインターフォンで係員へと連絡しましょう。
係員の指示に従えば大きな事故に繋がることはありませんし、車から出て高速道路を歩くような行為は絶対に避けてください。

ETCカードの法人枠で貯まるマイレージやポイントを有効活用しよう


ETCカードを法人枠で利用するに当たり、ETCマイレージサービスへと登録すればより有効的に活用できます。
マイレージとは航空会社が実施しているポイントプログラムのことを指し、海外旅行や出張で海外へと行く機会の多い方にとっては馴染みが深いかもしれません。
飛行機を利用する際と同じようにETCマイレージサービスは、高速道路を使って料金を支払った際に貯まるポイントプログラムのことです。

  • ①ETC法人カードを使って高速道路を通行する
  • ②ご利用額に応じて各高速道路会社ごとにポイントが付与される
  • ③貯まったポイントを対象となる高速道路の通行時に無料走行分として利用できる

マイレージを貯めるにしても使うにしてもETCカードで高速道路を通行するのが条件ですが、月間利用額に応じて加算ポイントが追加されるカード会社もあり、還元率が20%を超えるケースもあるのでお得なのは間違いないでしょう。
航空会社のマイレージプログラムの車バージョンと考えれば分かりやすく、インターネットで申し込むか郵送で申し込むかの2通りとなります。
ETCマイレージサービスの登録でどのようなものが必要なのか以下ではまとめてみました。

  • ・本人名義のETC法人カード
  • ・個別に与えられたETC車載器管理番号
  • ・車やバイクの4桁の車両ナンバー

これらを用意すれば簡単に登録できますし、申し込みを行っただけで自動的にETCマイレージサービスがついてくるカード会社もあるので一度確認してみてください。

法人でETCカードを利用するとどのくらいのマイレージポイントが貯まるの?


ETCカードを法人で利用して高速道路の料金を支払い、どのくらいのマイレージポイントが貯まるのか疑問を抱えている方は多いかもしれません。
ポイントの還元率は会社によって異なるので、以下ではアイビーネット事業協同組合のETC法人カードに焦点を当てて説明してみました。

  • ・高速国道でも一般有料道路でも10円ごとに1ポイント
  • ・1,000ポイントで500円分の還元額
  • ・3,000ポイントで2,500円分の還元額
  • ・5,000ポイントで5,000円分の還元額

上記のように獲得したマイレージに合わせて無料走行分が定められており、多くのポイントを貯めれば貯めるほどお得です。
クレジットのポイントの還元率と比較してみると少ないと感じる方は多いかもしれません。
しかし、ETCカードの利用自体で早朝や深夜といった時間帯に割引特典が受けられますし、業務で高速道路を利用する機会が多い方にとっては重宝します。
ただし、還元額走行でも割引サービスの対象となりますが、マイレージポイントは貯まらないとアイビーネット事業協同組合では定められているので注意してください。